住宅ローンを水増しして

住宅ローンとは、目的ローンになります。
ですから、それ以外の目的に使うために水増しして申告をするのは駄目です。
水増しははっきりと契約違反になりますから、十分に注意するべきです。
住宅ローンというのは、目的がはっきりとしているからこそ、どうしても金利が安くなります。
それが一つのメリットになります。
しかし、それが狙いで水増しをすることもあるわけです。
当たり前ですが、契約的に問題があることですから、後ですべてにおいての契約解除をさせられる事態になることもあります。
それだけは避けるべきですから、使う分だけを借りることが基本であるといえます。
それと住宅を購入する段階で割引をされることもあります。
契約後に意外とそうしたことが起きるわけであり、これでは借りた住宅ローンの金額を下回るようになってしまいます。
こうしたことは例外的であるといえますから、問題はないです。
その旨を伝えて、借りる額を少なくするか、或いは一度借りたとしてもそのまま返済に使うと良いです。
水増しと言う言い方は悪いですが、要するに問題となるのは目的ローン以外に使うところにあります
そうでないのであれば、問題はないですが、その状況に勝手になってしまうこともあるわけです。