フラット35への借り換えが気になる…デメリットはあるの?

他の住宅ローンからフラット35に借り換えを検討した場合は、大半がフラット35のメリットに惹かれた場合が多いのではないでしょうか。
確かにフラット35は、住宅ローンの話題になった場合に、メリットが魅力的だということで耳にする方も多いように感じます。
ですが、そんなフラット35の借り換えを検討しているのなら、メリットだけではなくしっかりとデメリットも押さえておきたいものです。
フラット35は、確かに魅力的なメリットがあるのも事実ですが、当然メリットがある分、デメリットもあるわけですから…。
では一体、そんなフラット35のデメリットは一体どのようなものがあるのでしょうか?
こちら(http://www.mortgage-pro.info/)を見てみましょう。
フラット35は固定金利が何といってもメリットとしてあげられていますが、その反面、デメリットとしてとらえることができる場合もあります。
固定金利は金利の変動を気にする必要がないので、返済の計画の立てやすさなどの魅力もあります。
ですが、逆を考えてみますと、固定金利は金利が変動し、万が一、下がってしまった場合も金利が下がりません。
ある意味、当然のことではあるのですが、このように金利が下がった場合も返済額に変わりがないので、損をしてしまう場合もあります。
またそれだけではなく、やはり住宅ローンを意識した場合は、特にもしもの時に備えて団体信用生命保険への加入も検討しておきたいものです。
この団体信用生命保険に無料で加入することができる住宅ローンもあるようですが、フラット35の場合は、残念ながら有料扱いとなってます。
任意加入ではあるものの、やはり万が一のことを考えると、有料だからという理由で加入をしないのは気が引けるのではないでしょうか。
団体信用生命保険が無料ではないという部分も、任意加入であるもののデメリットにつながるとも考えることができそうです。
また、中にはライフスタイルに合わせてちょっと余裕があるときは、住宅ローンの繰り上げ返済を視野に入れている方もいるのではないでしょうか。
この場合、フラット35は手数料が発生しないのは魅力ですが、最低でも10万円以上からというのがルールとなっています。
それに比べ、他の住宅ローンは1円単位からの繰り上げ返済が可能となっているわけですから、あまり手軽に繰り上げ返済をすることができないともとらえることができます。
10万円以上という単位で繰り上げ返済をすることが難しい方からすると、いくら手数料が無料だといってもデメリットにつながってしまいそうですよね(ちなみに、金融機関の窓口では100万円以上となっています)。
このように、フラット35にもメリットがあるだけではなくデメリットとして感じてしまう部分がやはりあるようです。
フラット35への借り換えを検討している方は、メリットだけではなくこのデメリットも考慮し、フラット35への借り換えを検討しましょう!

住宅ローンの団体信用生命保険

住宅ローンを利用するときは通常は団体信用生命保険に加入しなければなりません。
団体信用生命保険に加入すると住宅ローン契約者が死亡した場合などにローン残額相当の保険金が支払われます。
残された家族はローンの支払を免れることができますし、銀行は貸し倒れを防ぐことができます。
団体信用生命保険は借り手と銀行の双方にとってメリットのあるものなのです。
団体信用生命保険には様々な種類があります。
8大疾病をカバーするプランまであります。
このプランはガンや急性心筋梗塞、脳卒中の他に糖尿病や肝硬変などの生活習慣病まで保障します。
万が一のときにも安心な一方で住宅ローンの返済金利が高くなる場合が多いです。
不安なので8大疾病のプランを利用しようと考えている人もいるかもしれませんが、自分の年令や返済期間を考慮したほうが良いでしょう。
例えば20代後半にローンを組んで30代後半には返済を終えるというような場合、年齢が若いので8大疾病にかかるリスクは相当低いです。
無駄なお金を払うことになりかねませんから要注意です。
逆に30代でローンを組んで30年間返済を続けるというような場合は加齢とともに生活習慣病を発症する可能性も十分あるので、8大疾病をカバーするプランを選択しても良いかもしれません。

住宅ローンを水増しして

住宅ローンとは、目的ローンになります。
ですから、それ以外の目的に使うために水増しして申告をするのは駄目です。
水増しははっきりと契約違反になりますから、十分に注意するべきです。
住宅ローンというのは、目的がはっきりとしているからこそ、どうしても金利が安くなります。
それが一つのメリットになります。
しかし、それが狙いで水増しをすることもあるわけです。
当たり前ですが、契約的に問題があることですから、後ですべてにおいての契約解除をさせられる事態になることもあります。
それだけは避けるべきですから、使う分だけを借りることが基本であるといえます。
それと住宅を購入する段階で割引をされることもあります。
契約後に意外とそうしたことが起きるわけであり、これでは借りた住宅ローンの金額を下回るようになってしまいます。
こうしたことは例外的であるといえますから、問題はないです。
その旨を伝えて、借りる額を少なくするか、或いは一度借りたとしてもそのまま返済に使うと良いです。
水増しと言う言い方は悪いですが、要するに問題となるのは目的ローン以外に使うところにあります
そうでないのであれば、問題はないですが、その状況に勝手になってしまうこともあるわけです。

住宅ローンの安い金利の銀行

近年では低金利時代であり、住宅ローンなどの商品で安い利息で借入を行える所も増えています。
特にネットバンクと呼ばれる所では、安価に借入が行える事となり、それぞれに条件に合わせて取引を行える事となります。
住宅ローンを組む状況として、最大で35年間の返済を行えばやはり利息でも数百万円もしくは1千万円もの金額を支払う計算となります。
そこで少しでも安い金利の銀行を見つけて借り換えを検討したり、契約を行う事では、有利な取引を行う事が出来ます。
特に返済計画をしっかりと取れる事となれば、金利に対しての状況も色々な問題としても考えて行く事が出来る様です。
住宅ローンの借入も、まずは銀行などが上げる条件を照らし合わせて考えて行くと、低金利の所はネットバンクなど色々と多くなっています。
住宅ローンの商品に関して、それぞれに有利な取引を行う事が出来ればまずはローン完済の時に数百万もしくは数千万円の利息の金額に差が付いてしまう恐れもあります。
高々1%安いと言っても借り入れている金額が2千万円や3千万円であれば、住宅ローンの金利でそれだけ差が付く事となると、それは色々と考慮しながらローンを組んだりする事も必要となります。

住宅ローンを組む際の手付金

住宅ローンを組む事でマンションや一戸建てなどの分譲物件の取引を不動産業者と交わす事となれば、まずは手付金として50万円や100万円などを納めて物件の購入の意思を示す事となります。
不動産業者としても単純に物件を予約するだけではキャンセルを受ける時にその期間がとても無駄となってしまいます。
そこでもしキャンセルとなっても手付金を入れて置けばその金額は戻って来ない条件となりますが、不動産業者としても納得出来る取引が行えます。
住宅ローンをそこで組む事となれば、納めた手付金を差し引いてそこから住宅ローンの取引がスタートする事となります。
条件などを照らし合わせながら、まずは欲しい住宅を不動産業者に押さえてもらう為に手付金を入れて契約を進めていく流れとなります。
住宅ローンを組んで返済を行うまでにはまずは銀、行側の審査を受ける必要となります。
ローンを組んで返済を行う状況としてもその間に物件を契約するまでの状況として、審査を受けて通る事が出来て晴れて住宅ローンでの返済がスタートする事となります。
手付金も初めに50万円や100万円を納めてそこで購入の意思を示して、住宅を購入する状況としても契約が行える様です。

住宅ローンの繰り上げ返済のメリット

住宅ローンの繰り上げ返済のメリットを考えると、やはり金利が毎月変わる事となれば、住宅ローン残高が少しでも少ない状況にする事が経済的になります。
繰り上げ返済はお金にゆとりがある時に行う事となり、そう言った所で利息が少しでも安くなる事で住宅ローンも負担が少しずつ軽減する事となります。
ローンを利用する事としても、まずは状況をしっかりと把握して考えて行く必要があり繰り上げ返済などで少しでも毎月の負担を軽減出来れば、家計も助かる状況となります。
住宅ローンの金利の状況でも固定金利や変動金利で色々と有利な人や不利な人がありますが、それもローン残高を少しでも早く無くす事でより良い条件となります。
ゆとりがある時に繰り上げ返済で負担を軽くして、毎月にかかる料金などを考えた時に少しでも軽減されている事が望まれる様です。
そこで借入があれば、同じく早めに完済する為に色々とお金をそこに割り当てる事も考えて行く必要があります。
お金はローン返済について毎月決められた金額を返済して行く事となり、繰り上げ返済によって住宅ローンの返済期日毛減ったり、返済金額が減ったりすると利息の負担などかなり変わっていく状況となる様です。

売却に有利なマンション

マンション売却をする場合、築年数が浅いほど有利です。
新築に近い状態のマンションを好む人が多いからです。
もっとも、古い物件だからといってマンション売却が不可能なわけではありません。
価格を安く設定して売りだせばお得感があるので購入を希望する人は出てきます。
また、駅から徒歩権の物件も通勤通学に便利なので有利な傾向にあります。
徒歩5分以内だとさらに有利でしょう。
さらにターミナル駅の周辺だったり、複数の駅から徒歩圏だったりすると一層有利になります。
ただ、駅のそばに繁華街が広がっている場合は少し離れた住宅街のほうが人気があることもあります。
子育て中のファミリー層にとっては落ち着いた環境のほうが好ましいからです。
また、地域で評判の高い公立の小中学校の学区内にあるマンションも教育熱心なファミリー層に人気があります。
間取りは南向きが人気が高いです。
日差しが長時間たっぷり当たるので家の中が明るいからです。
もっとも、南向きにこだわらない人もたくさんいます。
このようにマンション売却の際に有利になる条件は様々です。
自分のマンションは条件が悪いので売却が難しいと悲観する必要はありません。
どこかしらアピールポイントがあるはずです。

住宅ローンのワイド団信とは

住宅ローンの借入をする際に条件として、団体信用生命保険への加入が定められている金融機関が多く、例え低い金利であっても、健康状態が良くない場合は加入できずに借入が断られることがあります。
そうした場合は、団信の加入が条件となっていない金融機関やノンバンクを探すことになりますが、金融機関としても顧客を逃すことになるため、引受条件を緩和した方法を用意するようになっています。
つまり、生命保険のように加入条件が緩和されたものがワイド団信と呼ばれるものです。
健康な人や通常の生命保険よりも割高となっていますが、ワイド団信に加入できれば条件がクリアできるところが多くなっていることから、低金利の住宅ローンの借入が可能となります。
とはいえ、まだまだワイド団信の知名度や取り扱いのある金融機関が少ないため、利用できるところは限られています。
また、加入条件は50歳までがほとんどで、それ以降の借入や買い替えができず、さらに保険料は金利に含まれているのが通常ですが、ワイド団信は上乗せ金利が発生し、0.2~1%が乗るようになっているため、例え住宅ローンを借りるためとは言っても、加入するのは難しく、返済計画がしっかりしていないと借入が厳しいかもしれません。

ゼロ金利で行う預金に関して

ゼロ金利で行う預金に関して考えると、まずはそれぞれの金利が全く付く事のない状況であり、預けていてもあまり意味のない状況となります。
そこでゼロ金利となっている銀行の預金を行うよりも、運用にまわしたりそれこそ自宅で保管する状況を選択する家庭も増えている実態となります。
銀行に預けて意味のない状況となれば、それこそゼロ金利での預金は条件的に見てもただ預けている状況に過ぎません。
銀行側としても現状を打開する状況で、運用にまわしてもらう為にさまざまな試みから投資の商品を充実させている状況となります。
金利に期待をして銀行を活用している時代は昔であり、今は自分たちでその資産を守る事を考える事も必要な状況となります。
そこをしっかりと考えながら対応すれば、やはり困った事も改善出来る状況となります。
その事から金利が安い銀行も預金がゼロ金利によって出て行く流れとなれば、やはり考え方を持ちながら色々と金利の状況として素晴らしい状況で対応する必要があります。
条件を照らし合わせて行う事とすると、預金もゼロ金利によって少なくなる為自分たちで資産を守る状況などで家庭用の金庫なども売り上げが伸びている実態となっている様です。

住宅ローンは差し押さえをされることが

住宅ローンというのは、返済が遅滞して、支払いができなくなってしまったのであれば、最終的には差し押さえになります。
差し押さえというのは、意外とあっけなく実行されるようになります。
どうしても住宅ローンを支払うことができないのであれば、まずは任意整理をしたほうがよいです
これは差し押さえをする前に売ってしまうことです
差し押さえをされますと競売にかけることになりますから、どうしても売る時に安くなりますから、それは非常によくないです。
住宅ローンが支払うことができなくなった、という事実から目をそらさないことです。
もう、どうしようもないのであれば、任意整理をしたほうがよいです。
或いは自己破産という手もありますから、これは実行したほうがよいのであれば、躊躇うことはないです。
まずは弁護士などに相談をする必要がありますが、それにもお金がかかることになりますから、注意した方が良いです。
その分に関しては免責されることはないです。
自己破産という手段は最終手段ではありますが、物凄く効果があります。
それは確かではありますが、それでも軽々しくやるようなことではないです。
しかし、新しく人生をスタートさせるにはよい方法といえます。